ドバイのホテル2

私がドバイに最初に降り立ったのは2月のことでした。日本を出発する前に、ドバイの気温などをいろいろ調べたら、夜間はセーター等が必要と書いてあったので、すっかりそのつもりで衣類を準備していきました。

ドバイの空港に到着したのはお昼前で、天気は薄曇り、少し蒸し暑い感じでした。ところがその翌日、天気は快晴、日中日差しの下を歩くと、太陽の光が肌に突き刺すようにジリジリと来ます。沖縄の真夏を思い浮かべましたし、夜は半そでで十分の気温でした。やはりドバイは恐るべし!

今回最初に宿泊したホテルはグランドハイアットで、ハイアットホテルの会員特典を使うことができるため、敢えてここを選択しています。

ホテルは、非常に大型で、ロビーは豪華、客室は広く清潔で疲れを取るには十分な環境と思えます。フロント、べルディスク、コンシェルジェ等のスタッフはさすがに全員が順当な接客態度で接してくれ、不愉快な思いをすることは何一つありませんでした。ビジネスラウンジの女性はプロフェッショナルで、こちらの注文を実に完璧にこなしてくれました。

食事は、日本食(寿司)を始めいろいろとありますが、安くて手軽に食べるには地下のフードコートがお勧めです。フードコートといってもホテルの中なので、スタッフがケアしてくれるので、注文方法、支払等に戸惑うことは無いと思います。数種類の料理から好きなものを楽しむことができ、なかなか本格的な料理を楽しむことができます。

このホテルの唯一の欠点は、移動がタクシーのみに頼らなければならないことで、メトロを使うには不便ではあります。

しかし、暑いドバイの街中を、たとえ5分でもメトロの駅まで歩くのは苦痛であり、それを考慮すれば特に問題はないのかもしれません。

私はドバイをこれまで何回か訪問してきましたが、全て仕事で観光はほとんどしていません。ブルジュアリ(超高層ビル)にも行きましたが、同ビルにある得意先訪問の為で、考えてみたらビルの下から上を見上げたこともありませんでした。

というわけで、みなさんに提供できる情報は限定されますが、次回はドバイのタクシーについて書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

Write a comment

Comments: 0